/*解析研究所 */

【木象嵌】内山春雄さんにインタビュー

木象嵌とは

木象嵌は、天然の木の色を生かし、糸鋸でくり抜いては地板に埋め込み、絵画のように仕上げる日本の伝統工芸の一つです。

Thunder God1

 

プロフィール

まず、内山春雄さんのプロフィールを簡単にご紹介します。

1950年2月  岐阜県岐阜市生まれ
1970年3月  岐阜県立岐阜工業高等学校卒。父、八郎のもとで木象嵌を学ぶ
1975年4月  富山市の木象嵌師、中島杢石氏に師事
1978年12月  労働省認定、「箱根細工木象嵌技能士」の資格取得
1979年5月  神奈川県箱根細工技能審査にて県知事賞受賞
1985年6月  メリーランド州ソールズベリーで、ウォード財団主催のサマーセミナーを3週間受講、本場のカービングを学ぶ
1986年5月  (財)日本鳥類保護連盟より感謝状授与される
1987年4月  ウォード財団主催のバードカービング世界大会で4位入賞
1991年2月  渡米。11ヶ月間滞在中、各地のコンテストで入賞多数。
1991年4月  ウォード財団の世界大会で、世界第3位受賞
1992年4月  ウォード財団の世界大会で2位、3位入賞。
同大会で、日本人初の審査員を務める。
1996年2月  カリフォルニア州のコンテストで、1位入賞
1997年6月  日本バードカービング協会を設立する
1998年4月  ウォード財団主催世界大会で1位入賞
1999年4月  同コンテストで審査員を務める
2002年4月  ウォード財団主催のコンテストで審査員を務める
2002年4月 (財)山階鳥類研究所より感謝状授与される
2006年9月 (財)山階鳥類研究所より感謝状授与される
2006年10月  東邦大学理学部より、「生物分子化学賞」受賞
2006年11月  厚生労働省より「卓越技能章」授与。【現代の名工】に認定される
2006年11月  千葉県我孫子市長より感謝状授与される
2007年1月  「我孫子市文化スポーツ栄誉章」受章
2007年1月  【楽堂象嵌】が千葉県指定「伝統的工芸品」に認定される
2007年5月  野生生物保護功労者表彰、環境大臣賞受賞
2011年7月  米国内務省、ミッドウェー国立野生生物保護区管理官より感謝状授与
2016年2月 ハワイにおける太平洋海鳥グループ国際会議で"Ornithology for The Blind"の講演
2018年5月  (公財)日本鳥類保護連盟総裁賞を常陸宮殿下より授与される。

 

なぜ木象嵌の道に進むことにしたのですか?

父親が木象嵌師であったからです。

 

鳥の木象嵌を始めたきっかけと魅力

・鳥の木象嵌を始めたきっかけは何ですか。
木象嵌のために野鳥彫刻を始め、野鳥の世界のトリコになりました。

 

浮世絵の木象嵌を始めたきっかけと魅力

小田原で仕事をしているうちに浮世絵の木象嵌を始めました。

 

木象嵌の制作過程で大変なこと

・木象嵌の制作過程で大変なことや気を付けていることはなんでしょうか?
木の持っている美しさを最大限に生かす選木が難しいことです。

 

木象嵌を目指そうとしている方にアドバイスをお願いします

一人前になるまでに時間のかかる仕事は誰もができることではないだけに魅力もある。

 

内山先生の木象嵌作品一覧